大豆 種子 固定種 自家採種 オーガニック

今回の大豆ちゃんたちは、
普段、田んぼとして使用している場所で育ててみました

根粒菌による地力復活も兼ねて実験です!
農薬、化学肥料は一切使っていません

 

 

五月
一昨年前のタネ用大豆で、まずはタネまき
本来、大豆は6月の夏至ごろに発芽するようにまきますが、我が家はあえて早まきしました
早まきは、多収穫を見込むための実験!なのですが、またいつか、記事にしたいと思います

 


タネをまくところだけ、土を起こしました

一気にたくさんのタネをまいて、上から不織布(白いヤツ)をかぶせます
発芽したばりの栄養たっぷりのタネは鳥ちゃん大好きです、食べられないように対策です
普段は田んぼ使用の場所なので、水が溜まりやすくなっています
水が溜まって、大豆ちゃんが水没しないように田の字に溝をきりました
けっこう溝掘り疲れた〜
でも、近所のおばあちゃんの「よーやるの〜」で復活!
褒められれば、いいのだ


1週間後、発芽直後の大豆ちゃん
かわい〜
土が乾かないように藁(わら)を切ったものを、種まきの後に敷きつめてます


本葉が出てきました
順調だね(^ ^


こちらは黒大豆
出揃ってるね〜


6月中旬

穴掘って定植、

本葉がしっかりと出揃った大豆ちゃんから。
土の下の生態系を思うと、
あまりいじくりまわしたくないので、苗を植えるとこだけ穴をあけます

 


ひたすら定植の日々
苗の成長に作業が追いつかず、ヒョロッと伸びた大豆ちゃん
この時は焦ってたなヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


けっこう進んだけど、
まだある・・・
やれば終わるさー♪

 

定植が終わると、雑草対策と乾燥防止の為、草刈りの日々

土を起こしてないので、雑草はいたるところから…と、思いきや、

一昨年前の冬に集めて、敷きつめた落ち葉が、結構、草を抑えてくれてます

乾燥からも、守ってくれてます

それでも、雑草は生えてくる、たくましくヤツラなんだねー

雑草を食べて、健康維持してる人もいるくらい

スーパーパワーがつまってるよね

大豆ちゃんの成長がメインの畑なので、今回はスーパーパワーの雑草達は大人しくしてもらいます。

z

 


10月頭

デカくなってきた大豆ちゃん
ソロソロ大好きな枝豆の時期( ´ ▽ ` )


枝豆だよーん


11月、大豆ちゃん、立ち枯れてきました


立ち枯れ大豆を収穫したら
軒下でパリパリになるまで干します


12月、骨董品クラスの足踏み脱穀機でだっこく
ありがたき、近所の方からのいただき物です
昔は皆使っていたようです
足でギコギコ踏んで、大豆ちゃんの実を皮から出します
この作業、子供達めちゃ好き
ギコギコの踏み方によって、いろんな音を出してくれます
ギコギコを聞きつけて、近所のおばあちゃんが見学に来たことも


こんな感じ
グルグル回る歯車に大豆のサヤを入れて、種をはじかせる
この足踏み脱穀機はお米を脱穀する時も使いますよ


1月、次は唐箕(トウミ)
大豆の豆と殻を風の力で分けてくれます
今年は機械を購入!

大豆の選別に唐箕 導入!

作業がずっと楽になりましたよー


グルグル回して、風の力を人力でおこします

イブちゃん、腰が入っててよし!


いよいよクライマックス、選別作業
ホラー豆、クズ豆、食用豆、タネ用豆と分けます
これぞ、ザ.豆作業です
ひたすた選別


退屈になったので、お絵かき(^.^)


そして 完成〜!!

ほぼ人力のみの超、長時間ワーク

ここまで手塩に育てた大豆ちゃん 、この労力のおかげで、めぐみへの感謝が倍倍増

これぞ、ロマンです

地球に優しいぞー🌏

 

そして、今年の大豆ちゃん

上記の大豆で、とっても愛しいです

この大豆を育ててみたい、という方は種をお分けします

今回は、お米を育てずに、大豆を田んぼで育てたので、

いつもより多めにあるので、販売してみることにしました

実験ですねー

興味のある方は是非、早い者勝ちです

 

種は命の元

それをつないで行くことの過程を体感出来ます

 

空中ナチュラルガーデンから自家採種可能な大豆の種子の販売のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA